読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝4時起きの発達障害のおっさん記

家事、育児、ベーグル、ビーズ他

待機児童問題「以前の問題」 絶望ストーリー

今日は、まじめな話題をひとつ。

 

福祉の勉強をしているのですが、

とても重要なことだと思い、記事にします。

安倍政権の「1億総活躍社会」なんて夢物語、というのが

よくわかると思います。それ以前の問題です。

 

 大きく言えば待機児童問題ですが、

待機児童問題の前段階にある、福祉的課題についてです。

以下

 

 

中小企業に勤める、OLの「花子さん」は、結婚をしました。

結婚をしてもそのまま勤務を続けましたが、

妊娠をしたら、辞める、というのが慣習であり

退職勧奨にあいました。

 

 

約7ヶ月後、花子さんは、子どもを生みます。

育児をしながら、家事をする、そう、専業主婦になりました。

 

 

その直後、残念なことに、夫の「太郎さん」が、リストラにあい、そのせいか

うつ病になってしまいました。

夫婦ともに働いていない状況に陥りました。

 

そこで、花子さんは、

「私がパートでもいいから、働きに出なきゃ。

 精神疾患のある夫は、子どもの面倒はみれないし。保育園を探そう。」

と、あわてて、保育園のことを調べました。

 

 

どうでしょう。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

花子さんは絶望するのです。

 

 

なぜならば、

認可保育園に入るためのエントリーの、大前提として、

「両親ともに既にフルタイム勤務していること」が条件

になっているのです。(基本的には。)

 

つまり、待機児童問題というのは、子どもの両親ともにすでにフルタイムで

働いていて、その上で起こっている問題です。

待機児童問題のステージに上がることも許されていないのです。

 

 

でも、花子さんは、あきらめません。

「認可保育園がだめなら、認証保育園や無認可保育園その他があるんじゃない?」

 

 

どうでしょう。

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

また花子さんは、絶望するのです。

 

なぜならば、認可保育園に入れなかった子どもたちが

認証保育園、その他無認可無認証保育園(東京都ならば、ベビーホテル、その他)に流れているため、

空きがないのです。

そこでも順番待ちか、くじ引きです。

 

 

そうなると、花子さんの家庭は、

貯金がなければ、生活保護受給しかありません。

 

 

 

 

では、仮に、無認可、無認証のいわゆるベビーホテル

入れたとしましょう。

保育料が、いくらくらいか・・・・・・。

 

平日5日間、1日10時間で、月額8万くらいです。

もっと高いところは、10万円超えます。

 

花子さんのキャリアでは、なかなかいい転職先が

見つかりません。給与が多くないのです。

生活が厳しくなります。

花子さんを、20代後半として勝手にイメージして、

一般事務職、手取りで20万くらいでしょうか。

手元に残る金額は、12万円でその他をやりくりする訳です。

自己責任ですかね? 

 

 

保育料が、1ヶ月で8万円。

主婦の1ヶ月のパート代くらいですよね。・・・・・。

この金額で、子どもを預けて、パートしてたら、意味ない(※)。

これって、出産した専業主婦が、社会に復帰しようと思える金額ですか?

 

女性の社会進出を促進はされていない、と私は思います。

 

 

※実は、意味あります。認可保育園に入りたい場合、子どもを預けて働いている実績が加点され評価されます。だから、皆さんパート代が消えてもベビーホテルに預けてるんです。

 

あと、認証保育園に入る場合には、補助金が出る市町村があるみたいです。