読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝4時起きの発達障害のおっさん記

家事、育児、ベーグル、ビーズ他

12/6今日の修行 死による美化

おはようございます。

f:id:eryo:20151206121626j:image

ちょっと、今日は真面目なトピックです。

別に悩んでるわけではありませんが。


 

昨夜、「死による美化」について考えました。

 

生前、あんなに悪口を言っていたのに、

亡くなると、急に誉め称える。

 

そんなことって、ないですか????

 

 

人は、亡くなると美化される。

 

在りし日のままに評価がされなくなる、

とでもいいましょうか。

 

とある夫婦で、常に夫婦で罵りあり、

別れるだの、人間のクズだの、お互いが悪口を言い合う

ような関係であっても、相手方が亡くなれば、

「なんて素敵な人を失ってしまったんだ」

と。

 

それはそれでいいことなのかもしれません。

亡くなってからわかることもあります。

また、亡くなって、寂しさからくる言葉たちもしれません。

 

 

でも、ですよ。

 

でも、周囲の人間としては、あるがままの故人の

ことを表現してもらいたい。

 

葬式でも、そういう傾向ありますよね。

私は、嫌いだ。葬式が。

建前すぎる。

 

「あんないい人をなくして」

「あんな立派な人をなくして」

「あんなに業績を残した人で惜しい」

 

そんなのその人の一部、一面にすぎない。

 

その人の生活面すべてを捉えて評価していない。

 

偉業を成し遂げたとされる歴史上の偉人たちも

「実は、裏では・・・・」という話を聞く。

野口英世なんかもそうだ。

留学資金を散在した話は有名だ。

 

私を課題評価する人も、過小評価する人もそう。

「お前に何がわかる!!!」と言ってやりたい。

 

 

 

 

明るいニヒリズム (PHP文庫)

明るいニヒリズム (PHP文庫)

 

 

 

人生、しょせん気晴らし

人生、しょせん気晴らし