読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝4時起きの発達障害のおっさん記

家事、育児、ベーグル、ビーズ他

PR誌が届くと気分よくなる。

おはようございます。

 

以前もこのブログで書いたと思いますが、

みなさん、PR誌ってご存じですか?

 

 

アマゾンでは、販売されてなさそうなので、

写真で

 

朝日新聞社『一冊の本』

f:id:eryo:20151105040936j:image 

 

岩波書店『図書』

f:id:eryo:20151105040943j:image 

東京大学出版『UP』

f:id:eryo:20151105040950j:image 

 

 

これらは、年間1000円ほどで、自宅に郵送してくれます。

安い。

あと、私は、有斐閣と筑摩書房もとってます。

 

 

中身は、新刊の紹介はもちろん、

人気作家の連載があったり、

書評があるので、

すっごく勉強になります。

 

世界が広がるのです。

たとえば、

朝日新聞の『一冊の本』では、

 

佐藤優さんが「悪魔論の研究」をずっとシリーズで連載してます。

群よう子さんも、「かるい生活」でエッセイを連載してて、ネコが

かわいすぎる。年老いたねこさん。

岩波の『図書』では、作家の髙村薫さんが連載して時事ネタについて書いてます。

 

 

メッチャおすすめです。

 

今、紹介した会社以外の出版社も

出しているはずなので調べてみてください。

 

Wikipediaだと

 

(出版社ではないが)

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/PR%E8%AA%8C

 

こんなにあるそうです。

 

おススメです。

 

 

 

最後に

最近読んだ本。

反〈絆〉論 (ちくま新書)

すっごく良かった。

逆説的な終わり方がよかった。

 

人とつながるのが苦手な人は

生きていくのが難しい局面があって

それを乗り越えるために、

そういう人たちとネットワークを絶えず

つくっていくことが大事だということ。

 

そんなような内容でした。間違ってたらごめんなさい。

 

 

今は、仕事のために、↓をよんでます。

ちっともおもしろくない。

なるほど図解 会社法のしくみ<第2版> (CK BOOKS)