読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝4時起きの発達障害のおっさん記

家事、育児、ベーグル、ビーズ他

gacco「社会人のためのデータサイエンス入門講座」か。


四月から、データを大量に扱う仕事に変わった。


Excelでたくさんファイルを開きつつ、
シートを移動しながら、関数を入れて、、、。


いろんな部署により入力されたデータを
いかに効率よく統計のためのカタチにするか。

そんなことばっかり毎日やってる。


ただ統計をまとめ、私の分析を追加して
上司に報告する。

「分析が浅いなー」

と自分で思う。


何が弱いのか。
分析する前段階の

「このデータは、きっとこうなるから、
この視点から分析しよう」

という視点が弱いんだ。


その話を生物統計学をやってた友人にしたら、

総務省が無料でオンライン講座やってるよ」

 http://gacco.org/stat-japan/

これか!!!!

 

gaccoは無料のオンライン講座なんだ。

大学教授が教えてくれるとさ。

 

 

 

少し興味が出てきた。

 

 

 

しかし、英語を勉強している私にはそんな時間はない。


と、思った翌日。

総務の福利厚生系の部署から全社員向けメールで


総務省オンライン講座がありますよ。〇〇部や、××部のみなさん、やりましょう」

 

と案内が来た。

 


資料代1000円かかるのか。。。

 

 

 

マンションのリスクの1つ。

夜、窓を開けていると心地よい風が入ってくる。

 

そこにタバコの煙の臭いが、、、。

 

お隣さんだと思うが、ベランダでタバコを吸っているのだろう。

もしくは、室内で吸っていたが、その煙が外へと運ばれたのか。

 

マンションに住んでいるので仕方ないとも言えるが、最悪である。

 

最悪だ。

 

 

お隣さんが喫煙者かどうかも

マンション選びのポイントになり得る。

 

 

科学的に健康を害することがわかっているのに

なぜ吸うのか。

副流煙の被害者になり得る家族がいるのに

なぜ吸うのか。

加害者になりたがる理由を知りたい。

 

 

本当に疑問だ。

依存症なら病院に行け。

 

 

好きなジャーナリストが書いているが、

なんともオススメしない本。

 

禁煙ファシズムと戦う (ベスト新書)

禁煙ファシズムと戦う (ベスト新書)

 

 

 

妻とフードコートでコーヒーフロートを

題名の、そのまんま。

 

息子を親に預け、2人でお茶した。

f:id:eryo:20170524190954j:image

2歳児を育てているとこんな時間の過ごし方が

すっごくレアなものになる。

 

貴重な10分。

 

自分のこと、お互いのこと、息子のこと。

客観視する貴重な時間。

 

仕事も英語もがんばらないとな。

妻が3年ぶりにスカートを履いた。

今日、妻が約3年ぶりにスカートを履いた。

息子とお出かけなのに。

 

 

息子が生まれて、約3年。

 

妊娠中はスカートを履いていたが、

息子が生まれてからは、一度も履いてない。

常にズボン。

 

平日は仕事だから、スーツっぽいズボン。

 

大企業のカッチリした職場だから、フワフワスカートは無理と思うが、タイトスカートくらい履けばいいのに、

なんて考えるの何もわかってない夫なのか。

「保育園の送り迎えがあるでしょ!」と。

 

 

休日も、息子が抱きついてきたり、面倒を見なくてはいけないから、ズボンを履いていたようだ。確かにスカートで息子の世話をすると、

パンツ丸見えになりそうだ。

 

 

そんな中、今日はスカートを履いている妻。

やっと余裕が出てきたのかな。

 

昨日は美容院に行ってたし。

 

 

これから妻の実家に行くのだが、

これから息子を義理の両親に預けて

二人で喫茶店にでも行くかな。

 

スカートっていい。

うん。

自転車がパンクして、剣道をやることになった。

我が家の自転車は、三台。

 

一台は、ママチャリ。電動アシスト付きの息子を保育園に連れていくやつ。

 

2台目は、私のクロスバイク。兄からもらったルイガノの結構いいやつ。

 

3台目は、中途半端は、ママチャリでもなく、若者がなりそうなデザイン重視のチャリ。

 

このうち後者2台がパンク。しかも4つのうちに3つのタイヤがあうと。

 

数ヶ月放置するだけで、簡単にパンクした。

近所の自転車屋さんで直してもらった。

ふと見ると、

店のガラスケースに

「剣道をやりませんか」とある。

高校まで剣道一筋だったので、二段しかないけど、剣道の話題で盛り上がる。

 

その自転車屋さんは錬士六段。

敵いませんわ。

 

とかなんとか話してたら、毎週日曜日練習に来い、と。半年で三段受からせるよと。

 

 

これは決まりだ!

やろう。

月謝代も基本的にはかからない。

 

ただ、防具がない。実家に問い合わせたら、サイズが合わなさそうとのこと。

高校時代に高いやつを買ったのになー。 

 

痩せてから、

やろ。